【受付は終了しました。】お芝居ってなんだろう?

       Prism Partner's Produce 関連企画       

  お芝居ってなんだろう?

     あなたのまだ知らないお芝居のおもしろさ教えます。    

 

申込フォームはこちから!

来館・郵送・FAXでのお申込用紙はこちらをダウンロード(お芝居ってなんだろう?申込用紙

 

台本(戯曲)ワークショップ

かんたんな物語をつくってみよう

講師:くるみざわしん(「眠っているウサギ」作)

誰でもはじめられるものがたりの作り方を体験します。

 

演劇ワークショップ

登場人物を自分に重ねて演じてみよう

講師:高橋正徳(「眠っているウサギ」演出)

「眠っているウサギ」の台本を使って演じながら

自由に感じてみます。→満員のため受付終了しました(11/12)

 

●講師プロフィール●

くるみざわしん(「眠っているウサギ」作)

 

劇作家。「北区つかこうへい劇団戯曲作法塾」「伊丹想流私塾」を経て、

2007年に『うどん屋』でテアトル新人戯曲賞佳作を受賞。

劇団「光の領地」を旗揚げし、関西を中心に上演活動を行う。2015年

『ひなの砦』で第22回OMS戯曲賞佳作。2017年『精神病院つばき荘』が

日本劇作家協会新人戯曲賞最終候補。『同郷同年』が2016年「日本の劇」

戯曲賞、2018年OMS戯曲賞大賞を受賞。
詩人としても作品を発表し、伊藤静雄賞佳作等を受賞。
精神科医として1994年より勤務し、これまでに神戸、尼崎、東大阪、堺、館山
(千葉県)等で働いている。

 

 

高橋正徳(「眠っているウサギ」演出)

文学座演出部所属。日本演出者協会会員。2004年「TERRA NOVA」(文学座)で
演出家デビュー。以降、鐘下辰男、佃典彦、東憲司、青木豪、古川健など多くの
現代作家の新作の一方、海外戯曲の新作、古典作品など多数演出。また、公共
ホール、地方劇団でのワークショップや演出、大学や高校、演劇研究所などで
講師も勤める。2011年文化庁新進芸術家海外研修制度により1年間イタリア・
ローマに留学。
主な演出作品:「ダーウィンの城」「天鼓」「白鯨」「越前竹人形」「かのような私-或は斎藤平の
一生-」「ガラスの動物園」(以上、文学座)「天守物語」(フェスティバルホール オーチャード
ホール)「ザ・ダーク」(オフィスコットーネ 吉祥寺シアター)「坂の上の家」(可児市文化創造
センターala 吉祥寺シアター他)「種をまく人」(八尾市文化会館プリズムホール)他

ワークショップに関する情報

●日 時●<各1回講座>

 ①『かんたんな物語をつくってみよう』  2019年11月3日(日)18:00~20:30

 ②『登場人物を自分に重ねて演じてみよう』2019年11月30日(土)13:30~16:30

 

会 場プリズムホール4階会議室2 ②プリズムホール4階研修室

定 員30名程度②15名程度(応募多数の場合は抽選)

対 象 中学生以上 ※18歳以下の方は保護者の同意を得てご参加ください。

 

参 加 費

 ○「眠っているウサギ」公演チケット1枚付
   どちらか1コース参加  一般 3,000円/割引 2,500円
   2コースとも参加    一般 3,500円/割引 2,800円
 ○ワークショップのみ   各回一般 500円/割引 300円 ※割引対象:高校生以下・65歳以上・障がい者

 

申込受付10月20日(日)まで→定員に達するまで追加申込受付中です(10/22)

       ②11月10日(日)まで

申込方法 来館・郵送・FAX・ホームページの申込フォーム(/orderform

お問合せ プリズムホール(八尾市文化会館)1階チケットカウンター

(9:00~19:00 月曜休館・祝日の場合翌日) 〒581-0803 大阪府八尾市光町2-40

TEL:072-924-9999 FAX:072-924-5010 メール:infokikaku@prismhall.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーー

講師のお二人が手がけられた公演作品のおしらせ

劇団コーロ「眠っているウサギ」

 

 

 

12月21日(土)14:00・18:00開演/22日(日)14:00開演

☆料 金☆ 一般前売:2,800円 当日:3,000円
高校生以下・65歳以下・障がい者:2,500円 当日:2,700円

公演の詳細はこちら