プリズムホールについて

プリズムホールについて

あなたの人生がかがやく場所

プリズムホールへようこそ

 

 

プリズムホールは地域の芸術文化振興のために建てられた八尾市立の文化会館です。
昭和63(1988)年11月10日にオープンし、平成30(2018)年で30周年です。
開館以来、八尾市文化振興事業団が運営しています。

プリズムホールが行う事業は主に、大ホール、小ホール、展示室や会議室などの会場を
お貸しする「貸館事業」と、館が企画・主催をして文化的な催しを行う

「芸術文化事業」の二つに分かれます。

前者は、会場をお貸しして発表会や講演会など利用者の行う自主的な文化活動を

応援する事業です。 後者はプロフェッショナルな実演団体の質の高い公演の提供や、
芸術家や作品に触れ合い親しみや理解を 深めてもらうワークショップなどの事業です。

どちらも地域の芸術文化を振興するための大切な事業です。

これまでクラシック、演劇、落語、オペラ、バレエ、ポピュラーミュージックなど
多彩なジャンルで 900回以上の主催事業、3800回を超える公演や講座を実施し、
1000万人を超える来場者をお迎えしてきました。

一方で、プリズムホールは単なる芸術のための施設ではなく、
人々の気持ちを豊かにし、 人生を輝かせる場所としてあります。

私どもは、多くの方がプリズムホールで音楽や演劇などの芸術作品に触れあい、
見違えるように笑顔で 生き生きと帰られる姿を何度も目にしています。

舞台を通して芸術家と触れ合い、またワークショップで参加者同士も交流することで、
非日常的な感動、人間同士の共感、絆を実感するからでしょう。

仮に日常の暮らしの中で心がしぼんでいたとしても、プリズムホールに来ると
豊かな気持ちを取り戻し、 明日も元気に生きていこうと思うことができる、
そんな場所でありたいと思います。

プリズムホールは30年を経て、
市民のみなさまの様々な想い出として心に刻まれてきたと思います。

これからも一層、プリズムホールは市民のみなさまの人生を輝かせ、
共感を呼び起こす劇場へと向かっていきます。




プリズムホール館長 大久保充代

 

 

 

プリズムホールの事業の組み立て

八尾市文化会館は市内唯一の芸術文化の拠点施設として、八尾市と歩みをそろえ、

ジャンルや年齢・性別に偏ることなくできる限り全方位的な舞台芸術を提供します。

そのためプリズムホールの使命・目的がブレないように「8つの目的事業」を設定します。

 

◆劇場の真価を発揮することで人生が輝く


1 豊かな鑑賞促進事業

① 素敵に鑑賞、人生に彩り

一定評価の定まった、楽しい、素敵な作品等と出会うことで、

芸術が本来持つ感動、心の再生、人間らしい情感の発露の場を提供します。

またそれにより、美的な感覚、価値観の多様化、五感の先鋭化を促し、

人生を豊かに彩ります。

② 味わい鑑賞、人生に深み

評価の高い、あるいは先鋭的、古典的、革新的な作品等を深く味わうことで、

芸術が本来持つ深い感動と、作品への理解を促します。

またそれにより、美的な感覚、価値観の多様化、五感の先鋭化を促し、人生に深みを添えます。

大阪フィル八尾演奏会
大阪フィル八尾演奏会
文学座公演

2 市民活躍支援事業

① 市民はつらつ、想い実現

市民が自ら企画・実施や表現する活動を支援し、機会を提供することで、

市民の芸術文化活動を推進します。

市民が自己実現することで、はつらつとした市民社会の形成につなげます。

リズム@プリズム
サークルメンバー募集掲示板

3 アート人材養成事業

① アート次世代養成

芸術文化の実演家・作家や技術者、アートマネージャー、

コーディネーターなど、芸術文化の次世代を担う専門家としての人材を養成します。

② アート大好き養成

専門家でなくとも、芸術文化に関わる機会を提供することで、

いつも心にアートを携え、生涯通じて活力ある人生を切り拓く人材を養成します。

プリズムパートナーズプロデュース
プリズム市民サポーター

4 アート普及啓発事業

① 広がれアートの力

芸術文化が持つさまざまな価値・効用を、

人々に受け入れやすく体験する場を創出、広め、理解を促していきます。

文学座ワークショップ
子ども河内音頭講座

 

◆社会課題を解決することで人生がかがやく


5 子どもの健やかな育ち促進事業

① 芸術との出会い、多彩な力

幼児・子どもの時代から芸術文化に素敵に出会い、体験することで、

子どもの豊かな感性と創造性を育み、才能の芽を見つけます。

また、自己実現できる多彩な力を育みます。

② じぶん表現、じぶん肯定

楽しく表現活動を行うことを通じて、素直に自分を表現する力や、

人と関わる力、人の気持を慮る共感力を育みます。

豊かな人間性と、自己肯定感、社会性を育みます。

芸術文化の課外授業
文学座俳優と“1日集中えんげき講座”

6 人生の豊かな関わり支援事業

① 芸術との関わり、豊かな関わり

生き辛さ、孤独を感じる人、助けを必要とする人たちに、

芸術文化の体験を通して心通じ合える機会を創出し、

自身の課題を少しでも緩和しポジティブな気持ちを取り戻す支援をします。

② 誰もが鑑賞、誰もが感動

いろんな事情で芸術文化を鑑賞できない、参加できない人たちに、

芸術文化に触れ合う機会を確保し、感動や心洗われる機会を創出します。

お届け事業
フレンドリーコンサート

 

◆シビックプライドを醸成することで人生がかがやく


7 地元の魅力未来発信事業

① 地元の歴史や魅力発信

地元にある豊富な歴史資源や地域の魅力的な資源を、芸術文化を通じて生かし、さらなる魅力として

紹介・発信することで、市民が地元に愛着や誇りをもち、八尾っていいなと思う気持ちを醸成します。

② 地元の魅力創造発信

地元の魅力的な芸術文化を創造し、発信することで、市民は地元に愛着や誇りをもち、

他からも八尾っていいなと思われる気持ちを醸成します。

吹奏楽フェスティバル
まちで魅了する舞台シリーズ

 

◆かがやくために芸術文化活動を支える


8 芸術文化の基盤整備事業

① アートの基盤整備

芸術文化活動を推進するための広報発信、備品・設備や場の提供など、

ハード・ソフト両面において基盤を整えます。

照明写真
広報誌「Pick uP!Prism」