プリズムホールについて

プリズムホールについて

あなたの人生がかがやく場所

プリズムホールへようこそ

 

 

プリズムホールは地域の芸術文化振興のために建てられた八尾市立の文化会館です。
昭和63(1988)年11月10日にオープンし、平成30(2018)年で30周年です。
開館以来、八尾市文化振興事業団が運営しています。

プリズムホールが行う事業は主に、大ホール、小ホール、展示室や会議室などの会場を
お貸しする「貸館事業」と、館が企画・主催をして文化的な催しを行う

「芸術文化事業」の二つに分かれます。

前者は、会場をお貸しして発表会や講演会など利用者の行う自主的な文化活動を

応援する事業です。 後者はプロフェッショナルな実演団体の質の高い公演の提供や、
芸術家や作品に触れ合い親しみや理解を 深めてもらうワークショップなどの事業です。

どちらも地域の芸術文化を振興するための大切な事業です。

これまでクラシック、演劇、落語、オペラ、バレエ、ポピュラーミュージックなど
多彩なジャンルで 900回以上の主催事業、3800回を超える公演や講座を実施し、
1000万人を超える来場者をお迎えしてきました。

一方で、プリズムホールは単なる芸術のための施設ではなく、
人々の気持ちを豊かにし、 人生を輝かせる場所としてあります。

私どもは、多くの方がプリズムホールで音楽や演劇などの芸術作品に触れあい、
見違えるように笑顔で 生き生きと帰られる姿を何度も目にしています。

舞台を通して芸術家と触れ合い、またワークショップで参加者同士も交流することで、
非日常的な感動、人間同士の共感、絆を実感するからでしょう。

仮に日常の暮らしの中で心がしぼんでいたとしても、プリズムホールに来ると
豊かな気持ちを取り戻し、 明日も元気に生きていこうと思うことができる、
そんな場所でありたいと思います。

プリズムホールは30年を経て、
市民のみなさまの様々な想い出として心に刻まれてきたと思います。

これからも一層、プリズムホールは市民のみなさまの人生を輝かせ、
共感を呼び起こす劇場へと向かっていきます。




プリズムホール館長 大久保充代

 

 

 

プリズムホールの事業の組み立て

プリズムホールでは次のように6つの組み立てで事業を企画・実施しています。

6つの項目の中にプリズムホールの想いが詰め込まれています。

  • 観る・あじわう(鑑賞機会提供事業・鑑賞眼育成事業)

    どんなときでもプリズムホールで舞台を観たら元気になれる。 その体験が、明日へ生きる力になる。そんな信念をもって、オーケストラ、音楽、室内楽、落語、その他さまざまな鑑賞事業をおこなっています。

  • つくる(創造型事業)

    プリズムホールでは、世界でただひとつ、プリズムホールでしか 観られない作品があります。 それは私たちが伝えたい、舞台の夢や希望がつまった作品です。

  • 参加する(市民参画型事業)

    市民のみなさんといっしょに作りあげるイベントは、開館時からはじまりました。 ステージで思いっきりはじけて、裏方で地道にイベントを支え、それぞれに役割を果たしてもらう本番の日はプリズムホールに忘れられない笑顔と感動があふれます。

  • 出会う・広がる(教育普及型事業)

    初めて触れる楽器の感触、音色。すぐそばで聴く俳優の声、みんなで表現することの楽しさ。 プリズムホールでは、ワークショップやアウトリーチを通して、 誰にでも、どんなときにも芸術文化がそばにあるように、 新しい出会いを求めて近年ますますその回数を増やしています。

  • 発信する(八尾の地域文化を魅力として発信する事業)

    八尾にしかない歴史・文化、人のつながり。地域の魅力を磨き、発信していくことも私たちプリズムホールの役割です。 長い時間をかけて発展し、受け継がれてきた文化は、同じように時間をかけて、大切に次世代に引き継いでいきます。

  • 支える(基盤整備・会館運営事業)

    気軽に立ち寄れる劇場、安心して利用できる劇場、みんなが集まりたくなる劇場であるように、いつでも市民の皆様が芸術文化に親しめる環境を整えるための取り組みを行っています。